10/21開催:「対話」のその先にはどんな未来があるんですか? – 対話のスペシャリストと考える、対話の持つ可能性について -【Inspirational Seminar Vol.2】

PAGE VIEW: 53

「対話」のその先にある未来について、
みんなで対話してみませんか?

 

【Inspirational Seminar Vol.2】
ー多様性を活かす社会では「対話」は重要なツールとなるー

そう聞くことは多いけれど、そもそも「対話」ってどんなもの?
体験したことがないから自分が対話をどう取り入れたらいいのかわからない、
対話を通してどんなことが起こるのかをよく知らない、という方もまだまだ多いはず。

今回は、「対話」の可能性に魅入られ実戦の場の運営や研究を続けてこられた
株式会社Dialogue withの代表・中村一浩さんと一緒に
「対話」の持つ可能性と、それによって生まれていく未来について
みんなで対話を通して考えていきたいと思います。

「対話って何?」
「対話は体験してみないとわからないなら、どうやって体験していったらいいの?」
「対話で向き合う相手って?」
「わかってもらおうとすることをやめてみるとは?」

  • 「対話」や「ダイアローグ」に関心のある方
  • 組織や場における多様性をより活かしていきたいと思っている方
  • 職場や学校、家族など対人関係をより良くしていきたいと思っている方
  • 自分らしさをどう活かしていけるかお悩みの方

ぜひご参加お待ちしております。

【タイムテーブル(予定)】

21:00~ ゲストのご紹介
21:05~ 自己紹介とチェックイン
21:25〜 対話セッション
22:20〜 チェックアウト
20:30  終了

*本イベントでは参加者のみなさまとの「対話」を通してテーマへの理解を深めていきたいと考えております。
ぜひ積極的なご参加お待ちしております。
(顔出しなし、耳だけ参加もOKです。よろしければチャットでご参加ください。)

【参加費】
1,500円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ゲスト紹介】

中村 一浩/NAKAMURA Kazuhiro株式会社Dialogue with 代表取締役
株式会社Project Design Office 代表取締役
しあわせホテル株式会社 代表取締役
株式会社森へ 代表取締役ミスミ、リクルートでの事業創出を経て、独立。人の持つ「身体知」を生かした場において、「対話(Dialogue)」を通じた「共創(Co-Creating)」のプロセスを生み出し、人や組織、事業の「創出・変容」に関わる。現在はこのプロセスを組織や社会、日常へと実装すべく、様々な場で身をもって社会実験に挑戦中。 上智大理工学部卒、事業構想大学院 事業構想修士(Master of Project Design)。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 博士課程に在籍。著書に「ことばの焚き火」「なぜすぐに決めないリーダーが結果を出し続けるのか」「森と共に、歩む日々」「新人コンサルタントが入社時に叩き込まれる「問題解決」の基礎講座」「37.5歳のいま思う、生き方、働き方」など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【主催】
北欧の教育・学び Lilla Turen

「一人ひとりの創造性と多様性を引き出し・生かす教育を考える、“小さな旅”のような体験をあなたと」
Lilla Turen(=スウェーデン語で”小さな旅”)をコンセプトに、教育や社会を新たな角度で見つめ直すきっかけをお届けする共創型プラットフォームです。

【企画・運営】
Nordic Inspirations Inc.

「個性と多様性が活かされた、個人も社会も豊かな未来の実現」をめざし、事業開発支援事業、教育関連事業、働き方関連事業を展開しています。

【Inspirational Seminarシリーズ】
「個性と多様性が活かされた、個人も社会も豊かな未来」の実現へ向け、国内外の専門家をはじめとした方々からさまざまなインスピレーションをお届けするセミナーシリーズ。トークテーマでは2つ以上のキーワードを掛け合わせ、”問い”を真ん中においた構成で、既存の枠組みを超える新しい気づきに繋がる内容をお届けします。

▼お申し込みはこちらから
https://inspirationalseminar2.peatix.com/