【アーカイブ動画・配信開始】デンマーク×日本の実践者クロストーク 森のようちえんの取り組みをヒントに考える「自分のミライを切り拓く力」の育みかた

PAGE VIEW: 43

\セミナーアーカイブ動画・配信開始/

リッケさんの来日にあわせて実施したクロストークイベント「森のようちえんの取り組みをヒントに考える「自分のミライを切り拓く力」の育みかた」が無事に終了しました。

当日は森を模したサイボウズ株式会社さまの東京オフィスにて、登壇者のリッケさん、中能さん、遠藤さんのお話を伺った後、参加者のみなさまからいただいた質問をもとにディスカッションを深めました。

参加者の皆様から熱のこもった非常に多くの質問・コメントをいただいたこともあり、時間内でおさまりきらなかった対話タイムは懇親会まで突入。会場の時間ぎりぎりまで、登壇者、参加者双方を交えた熱いディスカッションが続きました。

イベントのご案内直後から、「参加したいけれど、遠方で難しい・・・」「日程が合わなくて・・・」といったお問い合わせを複数いただいておりましたので、このたびアーカイブ動画を作成いたしました。

「当日参加したかったけれど都合が合わなかった・・・」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご活用ください。

 

▼アーカイブ動画の視聴(レンタル)はこちらから
https://vimeo.com/ondemand/lillaturen20221023

ーーー

〜当日参加いただいた方々の声をご紹介します〜

“とても良い刺激を頂きました。大人の覚悟だなと思いました。
自分自身(私)のミライを切り拓くために参加しました。身近な自然もあるはず、そこで未来を考えたいと思います。ありがとうございました。自分で森のようちえんを作るのが夢です。”(幼稚園 副園長)

“森のようちえんに関心があったため参加した。
デンマークの実践を聞くことのできる貴重な機会だった。子どもに自由に探索させ、経験して学ぶ機会を提供することが本人の内面の強さにつながるという話が印象的だった。
自然という環境には全て備わっているという点もよかった。大人も子どもも心にゆとりができると思う。”(企業・団体所属)

“文化の違いもあり、すべてを「同じように」ということは難しいが、「日本らしさ」ということを大切に今後の保育に生かしていきたいと感じた。”(保育士)

“学校教育にもつながる、子どもを育てるために本当に必要なことを学びたいと思い、参加しました。やはり一番のネックは、保護者との目的の共有だと感じました。ていねいに、時間をかけて対話すること、というお話が印象に残りました。”(教育委員会職員)

▼アーカイブ動画の視聴(レンタル)はこちらから
https://vimeo.com/ondemand/lillaturen20221023

 

Photo credit ©︎ momoko OKA